終了した行事一覧の2011年04月~2012年02月

お蔭様で三期目スタートできました。 
 子供達の『声』 を
      お母さん達の『思い』を
            お父さん達の『汗』を
                  歴史と文化を担う高齢者」の『心』を
                
県政に反映します
 
原点を忘れず、『県民目線』 『現場主義』平和で暖かく元気な地域づくりに皆様と共に頑張る所存です。
県民の皆様の為なら怯まず、屈せず、いつも笑顔で一生懸命頑張る所存ことをお誓い申し上げます。
こんな時だからこそ元気を出して、女性の視点で、しっかりと生活と生命(いのち)を守ります
『二期八年』お蔭様でたくさんの事をさせていただきました<ドクターヘリ導入>佐久総合病院、<ストップしていた浅科バイパス>開通、
公約の望月天神トンネル開通(小中学生の通学路の危険を無くす為、春日温泉への玄関口)、
30年来念願の国道254号極楽坂開通(宇山バイパス着工)
保育園・幼稚園・宅養老所、高齢者施設の充実、設置・法人化等充実。
未満児の保育士、国基準が低下した際、県費補充。
稲荷山養護学校老朽化に新築・長野ろう学校の新築等特別支援学校の充実。
望月高校・蓼科高校・野沢南高校・臼田高校をはじめ、佐久地域のすべての高校の存続と充実。
小学校30人規模学級全部実施と中学1年迄導入、不登校や登校拒否等、

それぞれの分野にコーディネーター教員を援助するこまやかなプランの充実。
水辺環境保全活動を続け20余年千曲川に65年ぶりに鮭が戻って来た(上田市、H23年春)。
動けば変わります!一生懸命粘れば必ず道は開けると思います。
上記は目に見えるほんの一部ですが、次代を担うこどもたちの為に、『蓼科山の水と緑を守る』運動から生まれた今井正子ですので、
県民の皆様の思いと一緒の施策は積極的に行政をすすめ、思いと違うと思う施策は、
県や国に対して思いを伝え、変わらずしっかりと守って参ります
 
 <三期目に向けて>      
子育て・教育・・・・・・・30人規模学級の中学校完全導入、学校土曜日活用、特別支援教育の充実等。
医療・福祉・介護 ・・・・基幹センターの建設と地域全体の医療機関の充実を早急に。
又、患者・入居者・利用者の皆様の手当て充実と関われる職場の皆様の人数や待遇の改善。
二期八年の重点分野に加え、三期目もしっかりと農業問題ものづくり信州観光
日本の復活にそして、厳しい雇用経済問題に取り組みます。
皆様のご意見、お知恵を今井正子によろしくお願いします。
 <まずは会派の問題>      
国の政策が県政にそのまま降りるのではなくて、阿部知事と共に前向きな是々非々で県民の皆様に選ばれた
議員のお一人お一人が平等に議論が出来るような新人の皆様と共に歩むことが出来たら、と思います。 
 <そして被災地へ物資を!受け入れの充実を>    
3月11日関東東北大震災発生後7日目8日目に物資を積んで大型トラック4台と共に福島県須賀川市、伊達市、福島市、田村市に
行かせて頂ました。皆様からお預かりいたした、タオル・毛布・マスク・カップラーメン・お米・ミルク・女性用品・下着類に義援金20万円も持参しました。
必要な所に必要な物を降ろし、積み替え、最後は原発の隣の4万人の都市に8000人以上の避難の人が入り、物資の届かない田村市に全て降ろして
参りました。その間、原発周辺の方々の長野米の受け入れに付いて各市で話をさせていただきました。
その後信州上田真田救援隊は続けて物資を運び続けましたが、我が信州佐久平救援隊は各戸を回りながらチラシを配り続け、多くの貴重な心の
こもった物資をいただきました、行き先は宮城県仙台市の友人の
「ゆさ みゆき」県議を通じ、気仙沼となりました
「内海 太」
県議の元に届け、避難所に又は出た方々には届ける食料等を直接運ぶ事に致しました。
3月末までに頂きました物資又、現在までの35万円に及ぶ義援金もしっかり届けて参ります。
再出発は4月26日(火)又は、29日(金)の予定です。
仙台で宮城県庁にも寄り、県の様子、意向等のその後も調査させていただく予定です。 
       
3月17日、18日に、今井正子県議会議員が信州真田救援隊の皆様と共に
島田代表とトラック4台の物資を届けに行った際のお礼状が、第一原発の隣の
田村市長から参りました。  下記全文
   
平成24年2月29日(水) 県 議 会 傍 聴 に 多勢の御参加ありがとうございました。
平成24年2月~3月定例議会は2月17日~3月16日の会期29日間でした。 
 3.11大震災で苦しんでいらっしゃる皆様えの応援歌です。
   

 

 第9回地球環境フォーラム 
映画『第4の革命 エネルギー・デモクラシー』
全国一斉同時上映会と公演、座談会

ドイツでは、この映画をご覧になった事が原因で、
2022年までにすべての原発を廃止すると決めました。
 

2011/12/9 金曜日お手盛りの定例会閉会

 何ということだろう。だれもこの異常に口をつぐむ。定例会最終日の議場で、
執拗に食い下がる今井議員。
総務警察企画委員長報告に対する質疑は野次が飛び交い、
議長の再三の忠告は首を傾げるほど。
委員会でどんな質問・意見交換がなされたのか、
東日本大震災には世界各国から支援され、
本県においても災害をこうむり、
県民の生活は知事や職員や議員が報酬を増やすどころの話ではないにもかかわらず、
17億円もの税金がそれらに余計に出費される異常。
マスコミ各社はどう報道するのか。果たして、取り上げるか。
田中県政スタート時は夕張の次は長野県と「再建団体回避」のひとつとして、
知事報酬3割カット等果敢に取り組んだが、
村井県政では、特別職の知事が一ヶ月33万7千、
さらに議員は4万2千円増と大幅アツプ。
それがそのまま続いているのです。
この異常時にボーナスなどアップしている場合なのでしょうか?
県民の代表である議員の皆様、
このままでいいのでしょうか。

閉会後の今井議員のコメントです。

信じられません!

教員として、生徒たちに、

親として、子供たちに伝えられません。説明できません。

厳しい社会の中、「皆さん、大変ですね。」などとねぎらいながら、
裏で自分の給与やボーナスをこんな災害の中、そちらへも振り向けもせずアツプしている。
「やってられないね!」と、高校生に言われそうです。

案の定、野次や怒号となりました。
議長も「今井議員に申し上げます。委員長報告に限定して、質疑をお願いします。」と
何度か忠告を受けました。すごい騒ぎでしたが、
議長は「静粛に!」とは、おっしゃらなかったので、
降壇の際に「ご静粛にお願いいたします」と2回大きな声で言って、座席にすわりました。

挨拶に来室された知事いわく、
「私のところにも県民から直接言われますが、他の議員の所には、
届かないのでしょうか。誰も言わないのでしょうか?」

 

下記; 新年の集い:交流会参加者は会費必要ですがお誘いあわせて、
多くの皆様のご参加をお待ちしております。
お申込はこちらからよろしく 
 
 長野県蓼科高等学校
 
『陸上自衛隊松本駐屯部隊東日本大震災派遣・県民感謝の集い』8月29日 
   
 99歳でもこんな女性に成りたいと思いませんか
 
 川 西 地 域 医 療 懇 談 会
 


 県政について、阿部守一 県知事のお話を聞こう!  憩いのひと時を
  24日土曜日、午後1時30分開場;午後2時開演、入場料:中学生以下無料、一般¥500円
佐久勤労者福祉センター

 
 
 フリースクール日程表
 
 長野フィル2011/09へおさそい
   


   



 『福島の現在と私達は今何をするべきか』
 



第61回 長野県小学校長研究協議会佐久大会案内 
   



『 いのちが優先される社会』へ
   


 イベント:セミナーのお知らせ
 


新 今井正子さわやか会 発足 
会   長  長岡 義明  氏   政治団体設立・H22年12月18日   新規入会者募集中です。
入会金・年会費等一切無料、
今井正子に、ご意見・要望・ご指導をよろしく!
申込は今井正子後援会参加申し込み・メール ダウンロードしてファックス送信してください。ファックス番号 0267-56-0032
事務局長  岩下 健一  氏   ご多忙の中多勢のお集まりいただきました。 
女性部長  間ヶ部選子  氏      
   


講演:~やまぼうしの咲く庭でお聞きしたこと~ 
とき:11年8月7日;午前10時~11時30分 
演題:「掘多恵子さんの思い出」 
講師:掘井正子 氏 
ところ:掘辰雄文学記念館閲覧室 
対象者:高校生以上 
定員:50名(先着順) 
申込は:fax又は、電話でお願いします。 
入館料:大人¥400円;小中高生¥200円 
申込;お問い合わせ:℡、fax 0267-45-2050 

親 子 に 贈 る ひ と り 芝 居 
劇団くるま座  2011年夏の公演ご案内      南信へ旅行がてらいかがですか
 8月4日 いいだ人形劇フェスタ2011  親子に贈るひとり芝居「人形の木 」  飯田市公民館
19:00開演、¥1000
 8月5日 いいだ人形劇フェスタ2011  金子みすヾの詩の世界  不思議な楽器テルミン&マトリョミント十三絃等ノコンサート 
10:00開演、フェスタ・セントラル・パーク
 8月7日 いいだ人形劇フェスタ2011   金子みすヾの詩の世界   不思議な楽器テルミン&マトリョミント十三絃等ノコンサート 
チャリティ公演10:00開演、豊岡公民館 
8月16日  黒姫童話館定期公演  女優3人による 「くるま座語り芝居」
黒姫童話館入場券でご覧いただけます。
1日3回公演AM11:00/pm1:30/pm3:00
黒姫童話館:上水内郡信濃町黒姫高原 ℡;026‐255‐2250 
8月19日  黒姫童話館定期公演   女優3人による 「くるま座語り芝居」
黒姫童話館入場券でご覧いただけます。 
1日3回公演AM11:00/pm1:30/pm3:00
黒姫童話館:上水内郡信濃町黒姫高原 ℡;026‐255‐2250 
詳しいお問い合わせ先   090-1829-0268  丸山 さま
 セミナーへのお誘い